電気設備工事、太陽光発電システム、オール電化の設計・施工・販売

 
HOME > 太陽光発電システムとは?

太陽光発電システムとは

太陽光発電のある暮らし

太陽の光エネルギーを電気に変換して自動的に発電してくれます。

電力消費パターンイメージ

【環境保護に貢献できます】
CO2排出量を減らすなど、太陽光発電を利用することで貢献できます。

設置の貢献イメージ

※1 大阪での4.28kWシステムでの予測発電電力量です。
※2 火力発電の石油消費量を1kWhあたり0.227Lとして試算。
※3 太陽光発電システムのCO2削減効果は、結晶系シリコン太陽電池:314.5g-CO2/kWhで試算。さらに、林野庁「地球温暖化防止のための緑の吸収源対策(H.14)」による50年生のスギ1本あたり1年間に約14kgの炭素を吸収するとして換算。

【電気を売ることができます】
発電して使っても余った電気は電力会社に売り、雨の日などの発電量が足りない時や発電しない夜間は従来通り購入。電力会社との系統連系により、電気の売り買いを自動で行います。

・安く使って高く売ることができる、「時間帯別電灯契約」
太陽光発電を上手に活用できる電気料金メニューのひとつ。昼間の余った電気は割高な料金で売り、電気が必要な夜間は割安で利用できます。夜間稼動する電気温水器などを使うと経済的効果が高まります。

【節電意識が高まります】
我が家の電気のことが分かってくると、節電がいつのまにか習慣に。

システムのイメージ

太陽光発電システムの仕組み

太陽光発電システムの仕組みイメージ

電力会社との接続(系統連系)により、昼間に多く発電し余った電力は自動的に電力会社に送られ、発電しない夜間や雨などで発電量が少ない時は電力会社から電力の供給を受けることができるシステムです。

【太陽光モジュール】
このパネルで太陽の光を受けて、効率よく電気をつくります。
【パワーコンディショナ】
太陽電池モジュールで発電された電力(直流)を家庭で使える電力(交流)に交換。さらにシステム全体の運転を自動管理します。
【屋内分電盤】
発電した電力を各部屋で使えるように送ります。
【電力量計】
発電して余り売却した電力(売電)量と、購入した電力(買電)量をそれぞれ表示します。
 
Tel.0761-22-6487 Fax.0761-24-6448
お問い合わせはこちら
ISO 9001ロゴ

ISO 9001:2008取得

内線工事
一般電気設備設計・施工
通信・弱電設備工事
空調設備工事
防災設備工事
機械器具設置工事
太陽光発電システム施工
外線工事
配電線工事
引込線工事
地中線工事
地中線化工事
電線共同溝工事
土木管路工事
太陽光発電・オール電化
商品のご紹介
補助金制度情報
Q&A(よくある質問)
お客様の声(施工実例)
設置工事の流れ
資料のご請求